Book Creator 検索

カスタム検索

2014年6月21日土曜日

北朝鮮、工作員 パク・テヒョン

やはり、飯塚にいた。

北朝鮮工作員、パク・テヒョン


ニッポンの非道を世界にばらまけ~


バードマン

2014年6月20日金曜日

金瓶梅

これも、読む必要がある。

紅楼夢がアポロ的、金瓶梅がディオニソス的


紅楼夢が読了したら、読んでみよう・・・


金瓶梅』(きんぺいばい)は、明代長編小説で、四大奇書の一つ。著者は笑笑生(生没年など不詳)。研究によると、万暦年間(1573年1620年)に成立したといわれている。
『金瓶梅』は『水滸伝』の外伝と位置づけられる作品である。水滸伝の武松のエピソードを入り口とし、そこに登場する武松の兄嫁の潘金蓮が、姦通した後殺されずに姦夫の西門慶と暮らし始めるという設定となっている。ストーリーが水滸伝から分岐した後は、富豪の西門慶に、金蓮も含めて6人の夫人やその他の女性がからみ、邸宅内の生活や欲望が展開してゆく。水滸伝同様に北宋末を舞台とするが、綿密かつ巧みに描写されている富裕な商人の風俗や生活には、代後期の爛熟した社会風俗が反映している。
タイトルの「金瓶梅」は主人公である西門慶と関係をもった潘金蓮、李瓶児、龐春梅の名前から一文字ずつ取ったものだが、それぞれ金(かね)、酒、色事、を意味するとも言われる。

河北清河県の大金持ちで放蕩者の西門慶は正妻の呉月娘以下4人の夫人がいるにも拘わらず、蒸し餅[1]売りの武大の妻、潘金蓮と密通して夫の武大を殺し、彼女を第5夫人にする。「水滸伝」ではここで西門慶と潘金蓮が武大の弟、武松によって成敗されるが、この作品では西門慶は逃げのび、武松は誤って別人を殺めてしまい、西門慶の働きかけもあって孟州に流される。西門慶はさらに隣家に住み未亡人となった李瓶児を第6夫人に迎え、潘金蓮の女中の龐春梅をはじめとする女中たち、使用人の妻たち、芸者たちとも関係を持ち情欲の限りをつくす。
その間に西門慶は役人と癒着、町の提刑所(検察と裁判を扱う役所)の長官となり、権力をかさに悪行を重ねる。その一方で商売も運送業や呉服屋で成功を収める[2]。潘金蓮は西門慶を相手にすねたり、怒ったり、また、西門慶の夫人たちや愛人たちと喧嘩をしたり、嫌がらせをしたり、彼女らの不満をあおったりして、さまざまな出来事を引き起こす。そのうちに李瓶児に待望の男児が生まれるが、嫉妬した潘金蓮は彼女や男児に嫌がらせをつづけ、最後には男児を猫に襲わせ死なせてしまう。子を亡くして失意の中、李瓶児は西門慶に対し、潘金蓮を警戒してほしいと言い残し病死する。
そのような不幸があったとはいえ、西門慶はすべての成功を手にしたのだが、潘金蓮は、西門慶が不思議な僧侶から貰った媚薬を、それとは知らず限度以上に西門慶に与えてしまい、西門慶は死んでしまう。西門慶の商才と権力に依存していた家業は破綻し、一人また一人と西門家を去っていく。潘金蓮は不祥事が露見して西門家を追い出される。同じ時期に孟州から戻ってきた武松に色目使いをするが、武松は兄の敵としてようやく潘金蓮を成敗する。
やはり西門家を追い出された春梅は名家に嫁いで他の女たちを見返すが、西門慶の娘婿で、かつて西門慶の家に住んでいた陳経済との再会で転落が始まる。陳経済が殺された後、夫も戦死し、春梅の生活は次第に自堕落なものになっていき、最後には使用人と関係している最中に急死する。
一方、西門家には正妻の呉月娘と西門慶の死後誕生した西門慶の子である孝哥(母は呉月娘)、その他義理堅い使用人たちだけが残されていた。ある夜、昔知り合った不思議な僧侶の寺に呉月娘らが滞在した。その時、僧侶の導きにより西門慶以下亡くなった者たちがそれぞれ別の地で生まれ変わって新しく生を受ける場面を目撃する。次の朝、実は孝哥は西門慶の生まれ変わりであることをその僧侶に示され[3]、その僧侶の勧めで、西門慶の前世の罪から救うために孝哥を仏門に入れる。呉月娘自身は頼りになる番頭に西門を名乗らせて、西門家の事業を継続させ、長生きして人生を全うした。
作品は次のような結びの詩でしめくくられる。
ひとり書読み嘆きにくれる
めぐる因果を誰が知ろ
豪奢西門世継ぎに困り
狂者経済刃(やいば)にかかる
楼の月影あくまで冴えて[4]
瓶の紅梅夜空にしぼむ[5]
あわれ金蓮咎めを受けて
浮名千年語り草
小野忍・千田九一訳, 『金瓶梅 第10巻』岩波文庫、1974年、p.300
閥閱遺書思惘然 誰知天道有循環
西門豪橫難存嗣 敬濟顛狂定被殲
樓月善良終有壽 瓶梅淫佚早歸泉
可怪金蓮遭惡報 遺臭千年作話傳
『金瓶梅』第一百回 韓愛姐路遇二搗鬼 普靜師幻度孝哥兒[6]


現存する最古のテクストである『金瓶梅詞話』の序に書いてあることから、作者は蘭陵の笑笑生とされるが、詳細は未だわからない部分が多い。「蘭陵」は山東省の地名で、文章にも山東省の方言語彙も見られることから、一般的には山東省の人と考えられている。その一方で、当時の大文人の王世貞が、当時権勢を振るっていた厳嵩厳世蕃親子を弾劾するために書いたとも言われるが、王世貞は江蘇省の人である。また、現在の上海語に近い呉語と共通する方言語彙も多く現れる[7]ことから呉語地域の出身者という見方もある。なお、蘭陵は名酒を産することで有名なことから、「蘭陵の笑笑生」とは「酒を飲みながら、笑って書いた」くらいの意味のペンネームであり、必ずしも蘭陵の人とは限らないのではないかと中国文学者の日下翠は述べている[8]

金瓶梅では、先行する水滸伝の世界ではほぼ省かれていた女性、愛欲、金銭、仔細な日常描写といった要素が全面的に展開されている。その描写は非常に詳しく、食べ物、飲み物について具体的に列挙されていたり、人物の容姿、着ているものやアクセサリー、その柄やデザイン、色の合わせ方、化粧の様子なども詳細に描写されていたり、会話や金銭の受け渡しなど人々の振る舞いが活写されている。あまりに詳しく書いてあるので、読んでいてうっとうしく思うという感想さえもたれるほどである[9]。また四大奇書の中でも、街で多数の演者により語られてきた講談を基に編集された『西遊記』『水滸伝』『三国志演義』とは異なり、一人の人物が緻密に構成して書き上げたという点で中国の白話小説でも画期的なものである[10]。『金瓶梅』は『水滸伝』のプロットを利用しているほかにも、男女の色事を題材とした一回ものの講談を基にした「話本」、これを模した白話短編小説の「擬話本」、事件や裁判を描いた「公案小説」、元曲などの引用や影響も多くみられる[11] 

紅楼夢

読んでみます。



紅楼夢(こうろうむ、繁体字紅樓夢簡体字红楼梦ピン音: Hóng Lóu Mèng; ウェード式: Hung Lou Meng)は、清朝中期乾隆帝の時代(18世紀中頃)に書かれた中国長篇白話小説。作者は曹雪芹とするのが定説だが、別人であるとする異説もある。『三国志演義』『水滸伝』『西遊記』とともに旧中国の傑作古典小説に数えられ、「中国四大名著」とも言われる。石頭記(せきとうき・いしき)ともいう。


上流階級の賈氏一族の貴公子賈宝玉(か・ほうぎょく)を主人公とし、繊細でプライドの高い美少女の林黛玉(りん・たいぎょく)、良妻賢母型の薛宝釵(せつ・ほうさ)の三角関係を軸に展開する。小説は上流階級の生活の細部を描き、主人公たちの交情を克明に記しながら進行する。清代末期から紅楼夢を専門に研究する学問を紅学といい、この言葉は現代でも使用される。毛沢東も愛読し、1950年代の中国で紅楼夢論争も戦わされた。現代中国でも非常に有名な小説であり、映画や演劇、テレビドラマ化されることが多い。
この小説の特徴はストーリー中心のロマンではなく、大貴族の深窓の令息令嬢の心理のひだが繊細に描きこまれていることにある。士大夫経世済民という表向きの世界ではなく、弱くて感じやすい「児女の情」をテーマとするといえる。三国志演義の「武」、水滸伝の「侠」に対して紅楼夢は「情」の文学であるとされる。その一方で、主人公たちは儒教道徳や官僚の腐敗、不正に対する痛烈な批判を口にしており、乾隆盛世と呼ばれた当時の社会に対する批判的色彩も帯びている。また、当時の上流階級の日常生活が登場人物400人を超える規模で細部まで克明に描かれており、文化史的にも価値があるとされる。男女の人情を描いた中国の長篇小説としては金瓶梅に次いで古いものであるが、恋愛模様がプラトニックに徹しており情感も洗練を極めている点において好対照の位置にある。
作者とされる曹雪芹についてはよくわからないことが多い。雪芹は字で、名は霑(てん)という。曹雪芹の祖父は康熙帝の時代に江寧織造として江南で清朝のために情報収集活動を行っていた曹寅という人物である。康熙帝の寵愛を得て莫大な富を蓄積し、曹雪芹の父もその職を継いだが、雍正帝の時代になると寵愛は失われ、家産は没収された。一家は後に北京に移り、曹雪芹が紅楼夢を書いた18世紀半ばにはを啜るような窮貧生活であったとされる。

賈宝玉は、祖先の勲功により代々高官を出し、皇室の姻戚でもある賈氏一族の貴公子である。賈宝玉は勉学が嫌いで、豪邸に同居する美少女たちと風流生活を送る。賈宝玉は趣味の合う美少女、林黛玉と相思相愛の関係となるが、お互いの気持ちをうまく伝えられない。だが、二人はお互いに引かれながらも、ささいな嫉妬から大喧嘩をし、結局病弱な林黛玉は悲しみを抱いて死、賈宝玉は「金玉の縁」で結ばれた温和な良妻賢母型の薛宝釵と結婚する。賈家は権勢を嵩に民衆を苦しめた罪で家産を没収され没落し、人々も離散していく。

主人公[編集]

賈宝玉(か・ほうぎょく)
主人公。才能はありや恋愛小説(当時小説や戯曲は下等なものとされていた)には興味を示すが、科挙方面の勉学は大嫌いで、詩の腕も黛玉や宝釵には及ばない。「女の子は水で出来た体、男は泥で出来た体」といってもっぱら一族の美少女・美女たちを相手に様々な趣きの交際や交流を楽しんでいる。黛玉を好きだが素直になれず時々悲しませたり泣かせたりしてしまうこともある。海棠詩社でのは怡紅公子。

金陵十二釵[編集]

十二人の主要美少女・美女。
林黛玉(りん・たいぎょく)
宝玉の従妹で幼なじみ。詩才と機知に富む一方病弱で繊細。厭世的悲観的かつ神経質で極めて感受性の強い美少女。宝玉が好きだがプライドが高いためか素直になれない。西施趙飛燕にたとえられる華奢で嫋やかな儚げな美貌。西施同様よく眉を顰めている。海棠詩社での号は瀟湘妃子。
薛宝釵(せつ・ほうさ)
メインヒロインその二。宝玉の従姉。健康優良、頭脳明晰、人格円満、優等生タイプの少女。詩も学問も人に優れてよくできるが、それらが女性にとって価値があるものとは思っていない。兄夫婦は共にステレオタイプの極悪人。林黛玉とは正反対の楊貴妃にたとえられる肥満体で大らかで華やかな容姿。黛玉とはよく対比され、中国には「恋をするなら林黛玉、妻にするなら薛宝釵」というフレーズもあるという。
史湘雲(し・しょううん)
賈母の実家である史家の一族の少女。両親を早く亡くして叔父に養われているが、快活で率直な物言いをする。海棠詩社での号は沈霞旧友。
王煕鳳(おう・きほう)
宝玉の伯父賈赦の息子の妻。宝玉の母方のいとこでもある。賈家随一のやり手で、気が強く頭脳明晰。奥向きの采配を一手に引き受ける実力者。あまり学問はない。
秦可卿(しん・かけい)
宝玉の曾祖父初代栄国公の兄初代寧国公の玄孫の妻。従って年上ながら宝玉を「おじさま」と呼ぶ。優しく落ち着いた人柄で「黛玉と宝釵の長所を併せ持つ」と讃えられ、誰からも慕われる佳人。「の賈珍と密通していたという描写があったが作者が思い直して削除した」という説もあり、謎の多い人物。
賈元春(か・げんしゅん)
宝玉の同母姉。皇帝に召されて貴妃となった。後世の解釈で曹雪芹の生家曹家を庇護していた康煕帝に対比されることがある。里帰りする元春を迎えるために大観園が造営された。
賈迎春(か・げいしゅん)
賈赦の娘(宝玉のいとこ)。善良だが無力な人物。海棠詩社での号は菱洲。
賈探春(か・たんしゅん)
宝玉の異母妹。賢明で詩才のある美少女で、異母兄宝玉とも親しくしている。同腹の弟がいるが、こちらは愚鈍で母共々なにかと宝玉を陥れることを考えており、探春とはあまり仲が良くない。大観園詩社海棠詩社)が結成されるのは探春の呼びかけによるもの。詩社での号は蕉下客。
賈惜春(か・せきしゅん)
賈珍の妹。潔癖症で、兄に代表される屋敷の淫蕩な空気を嫌っている。絵心があり、大観園の絵図を描いたことがある。
妙玉(みょうぎょく)
有髪の尼僧。聡明にして文筆の才あり若くして大観園内の草庵に庵主として招かれたが性狷介、俗人と交わるを潔しとしない孤高の美少女。
賈巧姐(か・こうしゃ)
王熙鳳の娘。名前は、劉ばあさんが名づけた。
李纨(り・がん)
寡婦。

その他[編集]

襲人(しゅうじん)
宝玉付きの侍女。宝玉の初体験の相手でもあり、正式では無いが宝玉の役でもある。侍女連の筆頭格。主人思いの良識的な人格者だが、その「主人思い」はえてして「宝玉に科挙方面の勉強に打ち込んでもらおう」という方向に発揮される。本名は花珍珠で、宝玉が陸游の詩にちなんで襲人と命名した。
平児 (へいじ)
王煕鳳付きの侍女の筆頭格。有能で情け深い人柄で煕鳳の秘書役もこなす。煕鳳の勧めでその夫のの立場になったが、これは煕鳳が嫉妬深い本心を隠すためにやったことで(男子が出来ない妻が妾を夫に勧めるのは旧中国では婦人の美徳の一つであった)、それを心得てめったに同衾せず侍女の分を守っている。
賈母 (かぼ)
宝玉の祖母(宝玉の父賈政の母)。一族の最長老で最高実力者。宝玉を溺愛しており、賈政が宝玉に厳しくできないのは賈母を恐れてのことである。信心深い。平凡社ライブラリー版では「後室」と訳されている。
劉ばあさん(りゅう・ばあさん)
賈宝玉の母王氏の遠縁の家に娘を嫁がせた老女。わずかな縁を頼りに賈家を訪れ、機知が受けて援助を引き出す。
賈政(かせい)
宝玉の父。賈母とその夫賈代善の次男。謹厳な人物で、宝玉が勉強に熱心でないことはよく思っていないが、官職が多忙であることと賈母が宝玉を溺愛していることから半ば放任状態。
賈赦(かしゃ)
宝玉の伯父。賈母とその夫賈代善の長男。好色で賈母も「いい年をして」とあまりよく思っていない。賈母お気に入りの侍女をにもらい受けようとして大騒ぎを引き起こしたこともある。
賈敬(かけい)
宝玉の祖父である栄国公賈代善の従兄弟である寧国公賈代化の子。物語の時点では隠居の身で、郊外の道教寺院で仙人修業に凝っている。俗塵を嫌うと称して自分の誕生祝いの宴会にも出て来ないほど。
賈珍(かちん)
賈敬の子で寧国府の当主。威烈将軍の職にあるが戦争に行っている様子は全くない。こちらも好色漢で息子の嫁や妻の妹にまで手を出している背徳的な人物。

2014年6月17日火曜日

筑豊は世界遺産です。

山本作兵衛の絵



ゴールドラッシュの跡地がどうなるか?

個人的には、シャングリラのようになると思っている。

実は、すでに、シャングリラのようになっている・・・


朝焼けと夕焼け





バードマン

http://birdman-ao.blogspot.jp/


何で、世界遺産か?

オーストラリアのモンキーマイアも世界遺産です。


2014年6月16日月曜日

仕事が完了しました。

本の仕事、出版の仕事は完了しました。

出版社のフォローを終了します。


お疲れ様でした・・・


バードマン



6/16/2014

東大総長が本を書く。
経済だけじゃ、ダメです。

エコノミーとエコロジーを合わせて、エコシステムと呼びます。

エコノミー=数、エコロジー=愛

エコシステムを良くしなければ、幸せにはなれない。


 文理の力を総結集しなければダメ

文1、2、3 理1、2、3

東大総長の責任です。


 東大総長が本を書く。

それだけの話ですが・・・


 6/8読売新聞「本よみうり堂」に,西川潤『新・世界経済入門』( http://iwnm.jp/431482  )の書評(濱田武士さん)が掲載されました.☞ http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20140609-OYT8T50115.html … 「精神論かもしれないが,著者が示唆する方向性は間違っていない」

2014年6月15日日曜日

2014年6月14日土曜日

オヤジの遺産

オヤジは多聞という酒を飲んでいた。

多く聞くということ。多聞天

アメノオシオミミノミコト。耳。英彦山


これは最大級の遺産です。


バードマン


追伸)

オヤジは市役所の中間管理職が最後のお勤め

お役人は、民の意見を広く聞くべきである。

そのためには、公報と公聴が大事です。両方なければダメです。



バーンスタイン

輪廻転生とは?

あの世から、この世へ、マル裸で、誕生する。そして、この世、つまり、現(うつつ)の世界で、空蝉・現人(うつせみ)の人生を送る。そして、死が訪れ、あの世へ旅立つ・・・

あの世から、この世へ、そして、あの世へ、そして、また、この世へ・・・

これが輪廻転生の仕組みである・・・

Aoyagi YoSuKe

そして、バースタインの詩・・・ Nina Simoneが歌った・・・


Who am i
Lyrics leonard Bernstein(1950)

Who am i
Who am i
Was it all planned in advance
Or was i just born by chance in july
Who on earth am i
My friends only think of fun
They're such a curious a lot
Must i be the only one
Who thinks these mysterious thoughts

Some day i'll die
Will i ever live again
As a mountain lion
Or a rooster, a hen
Or a robin, or a wren, or a fly
Oh, who am i

Do you believe in reincarnation
Do you believe in reincarnation
Were you ever here before
Have you ever had dreams
That you knew were true
Some time before in your life
Have you ever had that experience
So you must question

All the truths that you know
All the love and the life
That you know and say
Who am i

Will i ever live again
As a mountain lion
Or a rooster, a hen
Or a robin, or a wren, or a fly
If i'm one of those lives
That have been reincarnated again
And again, and again
Oh, who am i

僕は、だれ?
詩 レナード・バーンスタイン
訳 青柳洋介

僕は、だれ?
僕は、だれ?
あらかじめ、すべては決まっているのだろうか?
たまたま、7月に生まれただけか?
いったい、僕は、だれ?
友達は面白がるだけ
好奇心を持つだけ
でも、僕は僕でしかない
だれが、こんな不思議なことを考えたのだろう?

いつの日にか僕は死ぬだろう
ふたたび、甦るのだろうか?
マウンテン・ライオンになって
おんどりか、めんどりになって
コマドリかミソサザイか、ハエになって
いったい、僕はだれ?

あなたは、輪廻転生を信じますか?
あなたは、輪廻転生を信じますか?
むかし、あなたはここにいた
たくさんの夢を持っていた
あなたが本当だと思っていたもの
今までの人生で
そのような経験をしたはずでしょう
不思議に思えるでしょう

あなたが知っているすべての真実
すべての愛、人生
これらは、あなたが知っているもの、語ること
僕は、だれ?

僕は甦るのだろうか?
マウンテン・ライオンになって
おんどりか、めんどりになって
コマドリかミソサザイか、ハエになって
この生き物のどれであっても
僕は輪廻転生して甦った
輪廻、輪廻
いったい、僕はだれだろう?


Nina Simone sang this song.

ニーナ・シモンが歌いました。

これを、アメリカのサイエンティストのRachelさんが表現すると・・・

 父は死んだが、父の肉体が偉大な生命の鎖を循環する有機物になることを知っていた。父の肉体はバクテリア、菌、木、クジラ、鳥などに受け継がれて、偉大で不可思議なガイア(地球生命体)の一部として存在し続けるだろう。母とサンウッドの浜辺を歩きながら、父の魂が木々、空気、海、アヒル、私たち自身、カモメ、貝、砂、風などの一部となって、私たちの周りを漂っていると感じた。悲しみが立ち昇って消えていくにつれて、私たちはそんな気持ちになった。

となりますが・・・

捉え方の違いだけだと思います・・・



マーガレット・タウン

目次:
1.ベッドの中のマギー
2.昔、昔
3.甘美な拷問
4.ささやき声
5.紙の中の男
6.ジェーンの街

主な登場人物:
マギー 主人公の女性
N. マギーの恋人、夫

オールド・マーガレット 77歳の老婆
マージ 52歳の中年女性
グレタ 39歳の自殺願望を持つアーティスト
ミア 17歳のヒネクレ者
メイ 7歳のお茶目な少女

ベス N.の双子の姉
ジャック N.とベスの後見人
L(リビー) N.の前の恋人

ジェーン N.とマギーの娘
ジェイク ジェーンの結婚相手


バーンスタイン



2014年6月13日金曜日

非合法的略奪

幽霊的強姦魔が出た~


よい兆し。
つかまえます。

今週の日曜は非合法的略奪@南堀江knave。18時開演。
出演はENTHRALLS、Qaijff、Suck a Stew Dry です。
悩んでる方は、お早めに〜!
ご予約まだ受付中!


昔、ストリップ劇場で、かぶりつき・・・

お姉さんたちの技には驚いた。

でも、僕が一番好きだったのは、お姉さんたちのフェロモンの香りでした・・・


今月26日(木)非合法的略奪@下北沢SHELTER。19時開演。
出演はENTHRALLS、butter butter、palitextdestroy 。
大阪・東京 両公演プレイガイドからのチケット購入で特典つき。

頭からかぶりついて見て下さい🙆!

2014年6月12日木曜日

幽霊的な強姦魔出現!

言葉足らずって、許されないのかもと思う
受け取る人の気持ちがすべてだよね

心に刻む(°_°)


あまり気にしないほうが良い。

縁は異なもの味なもの。

生々流転します。消えたり、また、できたり・・・


消えたり、また、現れたり・・・

まるで、幽霊みたいだな、笑い


合法的浮遊だろ?

消えたり、また、現れたり・・・


非合法的略奪もあるのね?

まるで、強姦魔だ、笑い


幽霊的な強姦魔出現!

大事件だ! 逮捕できない@西部警察


ENTHRALLS

http://enthralls.info/



バードマンサポート

文芸?

文芸?

作家の観察力と表現力の問題?

日本は技術がウリです。


言葉遊びには、ウンザリです。


人を感動させるよりも、人を行動させる本が良い本だと思う。


パリス・ヒルトンからのメッセージ



この本を読んで、僕は猿山の組織よりも、海の組織の方が良いと思って、そうしている。

海は広いな、大きいな。


この本は翻訳権を買ったが、出版社が倒産したので、個人的に無料配布している。

もちろん、パーソナルドキュメントとして、iPhoneのKindleで読むこともできる。

この本の仕事は終わった。あとは、希望者に配布するだけです。



海の組織は水平展開します。



6/8朝日新聞・読書面に,蜂飼耳『おいしそうな草』( http://iwnm.jp/025955  )の書評(水無田気流さん)が掲載されました.☞ http://book.asahi.com/reviews/reviewer/2014060800014.html … 「言葉の表皮を削ぎ落とし,内在する生成力そのものへの注視が連ねられた文集」

2014年6月9日月曜日

技術

すごい技術。 ば




平野啓一郎って、昔読んで、芥川賞作家って、この程度?

疑問符が付いた。今は少しは面白くなっているのかも?


オレに言われてもな〜 ば


平野啓一郎をフォローしたら、こういう話になった・・・


http://artharbour-ao.blogspot.jp/2014/06/the-last-machine-terminator.html


この人に会ったことはない。

先端研のデザインラボです。

東北沢、池ノ上から、徒歩で行けます。

キーワードは、技術です、笑い


僕は、学校では応用物理の研究をして、プライベートは吉行淳之介にはまった・・・

色町、驟雨です・・・

学校にはあまり行かなかった・・・ 卒業しましたが・・・

吉行は優しい男です。


卒論のテーマは?

化合物半導体の異種接合の製作です。

ホモジャンクションが同種、ヘテロジャンクションが異種

生物も化合物半導体の一種だと思っています。生物はとても複雑ですが・・・

神さまにしか創れない・・・


ヘテロ接合(英語:heterojunction)とは異なる半導体の接合である。通常は格子整合系または格子定数が近い材料系で作られる。


バンドギャップの違いを利用したもの

半導体はそれぞれ、固有のエネルギーバンドをもつ。このため、多くの場合、ヘテロ接合では、バンドギャップの違う半導体を接合することになる(このバンドの接合についてはアンダーソンの法則を参照)。この2つの半導体のエネルギーバンドの差を利用した研究(量子井戸、超格子など)が盛んに行われている。応用例としては、半導体レーザー、HEMT、HBTなどがある。


『驟雨』(しゅうう)は、吉行淳之介による日本の短編小説である。『文学界』昭和29年2月号初出。第31回(1954年上半期)芥川賞受賞作。


大学を出てサラリーマン生活3年目で独身の山村英夫にとって、愛することは煩わしいことである。娼婦の町(赤線)に通い、遊戯の段階に留まることは、精神衛生にかなうと考えている。しかし、なじみになった道子という娼婦のもとへ通ううち、愛情を抱き始めた山村はその感情に戸惑う。
ある日、道子の部屋から赤線の町を見下ろしていると、にわか雨が降り出し、男たちを呼びとめる娼婦たちの嬌声が町に交錯する。その様子から山村は情緒を感じ取る。翌朝、喫茶店に入った山村と道子は窓越しに、一本のニセアカシアから緑色の葉が一斉に落ちるという異様な光景を目にする。まるで緑色の驟雨であった。
その日は同僚・古田五郎の結婚披露宴だった。披露宴の後、再び山村は道子を訪ねるが、先客がいたため、縄のれんの店に入り、酒とゆでた蟹を注文する。道子を所有する数多くの男たちのことを想い、嫉妬の情を覚えるも、今度はその感情を飼い慣らそうとする。ふと箸先に手応えの無いのに気づいて見下ろすと、杉箸が二つに折れかかっていた。

これより先、吉行は「娼婦との交渉は精神衛生によい」と言って赤線を歩き回る男を描く滑稽小説「衛生的な散歩」を書いていた(未発表)。これを正攻法で書き直し「驟雨」と改題した。1953年12月、結核のため入院した清瀬病院で脱稿し、翌年、雑誌掲載の数日後に左肺切除手術を受けた。芥川賞受賞の知らせは病室で看護婦から聞いた[1]。
作品中には明記されていないが、舞台は新宿二丁目の赤線地帯である。モデルとなった女性との交渉や後日談は、エッセイ「娼婦と私」、小説「香水瓶」などにも描かれている。 。


驟雨(しゅうう, 英: shower rain)とは、対流性の雲から降る雨のこと。しゅう雨。降水強度が急に変化し、降り始めや降り止みが突然で、空間的な雨の分布を見ても変化が大きく散発的であるのが特徴。特に、短時間で止むような一過性の驟雨をにわか雨という。


対流性の雲とは、積雲や積乱雲のことである。これらの雲は、大気が不安定な時に上昇気流により垂直方向にもくもくと発達する一方、水平方向への広がりが小さい。そのため、一つの雲が通過する際に降る雨は、平均で十分程度、長くても数十分であり、すぐ止んでしまうのがふつうである。複数の雲が連続して通過すると、降り出してはすぐに降り止むことが繰り返され、強度変化の激しい雨が続いているものとして観測される。
なお、このよう雨のうち、雨量が数十分で数十mmに達する強いものを「局地的大雨」、数時間で100mmを超えるような激しいものを「集中豪雨」と呼ぶ。
特に積乱雲による驟雨は、雷や突風を伴うこともある。
日本では夏の午後、夕方ごろに積乱雲が発生して驟雨となることが多く、夕立(ゆうだち)と呼ばれる

2014年6月8日日曜日

表裏一体

光と影、表と裏、静と動

世の中は表裏一体です・・・

世阿弥、観阿弥



【今日の名言】音楽について話す時,一番いい話し方は黙っていることだ.――シューマン『音楽と音楽家』☞ http://iwnm.jp/meigen 

2014年6月7日土曜日

子供の国ニッポン

歿後2年を経て,小社は『西田幾多郎全集』を刊行.編集は安倍能成・天野貞祐・和辻哲郎・山内得立・務台理作・高坂正顕・下村寅太郎の各氏でした.第1巻発売前日には,徹夜でまつ人が長蛇の列を作り,その模様が当時の朝日新聞に掲載されています.☞ http://iwnm.jp/ch19470710


良い時代だったのかも?

哲学者の本に長蛇の列・・・

今じゃ、考えられない・・・

iPhoneに長蛇の列・・・



コンテンツこそ、命です。

僕はiPhoneで無料の名作を読んでいます・・・



馬子にも衣裳ばかり・・・

ビジュアル系大国ニッポン

情けない~


マンガ、アニメ

子供だましばかり。ニッポンは子供の国です。


初めに光ありき、宇宙の誕生です。

初めに言葉ありき、人類の誕生です。

2014年6月5日木曜日

八百万の神と一神教

大衆温泉「八百坊」ハンパないす!550円。


日本は八百万の神なので、小さな神の情を探る?


 人類は自然の一部であるが、人工物は自然の一部と言えるのだろうか。今地球上で自然を人工物によって汚染し、破壊できる生物は人間だけであるが、自然と調和し守ることのできる能力、選択肢を与えられているのも人間だけである。
 主に化石燃料の燃焼が原因の地球温暖化、放射能汚染、核戦争から人類を守るのも人間の愛と英知であるが、残された時間はあまりにも少ない。
 聖徳太子の「龢を以って貴しと為す」が新平和憲法よりも優れているのは、平和と調和による日本、あるいは世界の繁栄を見事に未来に向けて簡潔に発信している点にある。


人工物は自然物に包含されます。

ただし、人工物の取り扱いを誤ると、自滅します。



あおちやんはそういう考えであったと記憶しています。



蜂が合成するローヤルジェリーやプロポリスも自然物です。

人類が合成する人工物も自然物に包含されます。

人工物も自然の摂理、宇宙の原理から外れることはありません・・・


自然の摂理や宇宙の原理は人智を超えています。


宇宙への科学的アプローチの旅人は宗教に帰依することがよくあるといわれています。


ゴッド、アッラー、ブラフマン・・・ 人智を超えています。

ブラフマンは宇宙の原理です。梵です・・・


三大聖人

釈迦牟尼はブラフマンから啓示を受けて,
「秩序」を「説法」した。

イエスはゴッドから啓示を受けて,
「相愛」を「預言」した。

ムハンマドはアッラーから啓示を受けて,
「平等」を「説教」した。


一神教は宇宙の原理、単純系。八百万の神は自然の摂理、複雑系。


太陽は単純に見えますが、その活動はとても複雑です。


地球の歴史(地質年代)を考えると人類(ヒト)の産業活動も単に「自然」の一部です。「人間」と「自然」を対峙させて考えるのは一神教的感覚です。宇宙的規模で考えると、地球の近傍でも(例えば太陽から、例えば超新星爆発から)とんでもない放射線が飛んで来ております。太陽系外からのモノは太陽の磁場で、太陽からのモノは地球の磁場で護られているだけです

2014年6月4日水曜日

映画

観てみたい映画
6/14公開の『ホドロフスキーのDUNE』

本、音楽、映画

世界はどんどん前進している。

情報はどんどん流れていって、消えていく・・・


情報処理能力は、現代の武器である。

いかにして、情報の海から、重要な情報をゲットするか?


固定化すべき重要な情報とは何か?


作品は次から次に、生産されている。

駄作を読むより、名作を繰り返し読む方が良いかも?


100円ライターは良くない大量生産です。

使い捨ては良くない。


次から次に、歌が生産されて、消えていく。

名曲を繰り返し歌う意味がある。


映画でも同じ。駄作を観るよりも、名画を繰り返し観た方が良い。

本でも、同じかもしれない。


宮崎アニメは過去のモノ

もはや、観る必要はない。

大人が観る名画ではない。


新たに手に入れたい名画は、今のところ見つからない。


映画や本は、物語、ストーリー

歌は、詩、リリック

音楽は、リズム、メロディ、ハーモニー

コードはハーモニー?

コード進行はメロディ?

メロディライン?


code
【名-1】《法律》法体系、法典
・The Code of Canon Law was revised in 1983. 教会法典は1983年に改定された。
【名-2】《法律》〔地方自治体の〕条例、規約
・According to city traffic code, traffic should slow down to allow emergency to pass. 市の交通条例によれば、緊急車両が通過できるように車両は徐行しなければならない。
【名-3】作法、行動規範[規約]
【名-4】記号、符号、コード
・A Canadian postal code consists of six characters. カナダの郵便番号は6文字で構成される。
【名-5】《コ》コード、符号
【名-6】《生物》遺伝情報[暗号]◆【同】genetic code
【名-7】〈俗〉心肺停止患者

2014年6月1日日曜日

アラビア語翻訳

日本の現代作家作品が翻訳されることはまだ少ないアラビア語で、平野啓一郎『一月物語』がエジプトのDar Al Tanweer社から出版。国際交流基金カイロ日本文化センターのブログでご紹介しています。http://jfcairo.wordpress.com/2014/03/30/library-news%e3%80%80%e5%9b%b3%e6%9b%b8%e9%a4%a8%e4%be%bf%e3%82%8a-%d8%a3%d8%ae%d8%a8%d8%a7%d8%b1-%d8%a7%d9%84%d9%85%d9%83%d8%aa%d8%a8%d8%a9/ …

中国アヴァンギャルド

【イベント情報】中国アヴァンギャルド文学の旗手孫甘露氏、平野啓一郎氏、青山七恵氏の3作家のほか、張旭東氏、羅崗氏、中島隆博氏、武田将明氏、鈴木将久氏、林少陽氏などが集結。6月27、28日。東大駒場キャンパスにて。http://utcp.c.u-tokyo.ac.jp/events/2014/06/cpagicct_international_symposi/ …


Title:
【共催イベント】CPAG/ICCT国際シンポジウム“現場”の挑戦と文学の営み
Date:
2014年6月27日(金)・28日(土)
Place:
東京大学駒場キャンパス
CPAG/ICCT国際シンポジウム

2014年6月27日(金) 10:00-18:00
東京大学駒場キャンパス18号館4階コラボレーションルーム1

2014年6月28日(土) 9:00-18:30
東京大学駒場キャンパスアドミニストレーション棟3階学際交流ホール

講演者(敬称略、登壇順):

6月27日(金)
羅崗(華東師範大学)
林少陽(東京大学、CPAG)
蒋洪生(北京大学)
章永楽(北京大学)
李広益(重慶大学)
石井剛(東京大学、CPAG)
張旭東(NYU)
川村覚文(東京大学、UTCP)
王欽(NYU)
中島隆博(東京大学、CPAG)
Thomas Looser(NYU)
潘妮妮(重慶大学)

6月28日(土)
孫甘露(作家)
青山七恵(作家)
平野啓一郎(作家)
倪文尖(華東師範大学)
金浪(重慶大学)
鈴木将久(一橋大学)
武田将明(東京大学)
毛尖(華東師範大学)
朱羽(上海大学)
朱康(華東師範大学)
阿部公彦(東京大学)
劉卓(中国社会科学院文学研究所)

使用言語:日本語、中国語、英語|入場無料|事前登録不要

icct%20poster%20utcp.jpg



ポスターをダウンロード


主催:「グローバル化時代における現代思想――概念マップの再構築」CPAG)
共催:東京大学大学院総合文化研究科・教養学部所属「共生のための国際哲学研究センター」(UTCP)、ICCT(華東師範大学、ニューヨーク大学、北京大学、東京大学)